白髪染めを買う前に読むサイト! > サンカラーマックス > 他の白髪染めを使用したり、パーマをかける場合は注意!!

他の白髪染めを使用したり、パーマをかける場合は注意!!

サンカラーマックスはとても便利な上に、
肌や頭皮に優しく、肌の弱い方にも使用していただけるという優れた白髪染めなんですが、、、
使用する際に注意しないとトラブルも起こってしまうようです。

是非、このページを読んでいただいて、
サンカラーマックスの特性を理解した上で購入なさってくださいね。


使用する際に注意しないといけないのは、
サンカラーマックスの使用後に、他の白髪染めを使用したりパーマをかけたりする場合です。

実は、サンカラーマックスを使用した髪に、
他の白髪染め(酸化染毛剤)を使用したり、パーマをかけたりすると、
髪が緑色になってしまう場合があるのです。

なぜ緑色に変色してしまうのかというと、
サンカラーマックスの成分に含まれる銀塩(硫酸銀)が、
白髪染め(酸化染毛剤)の2剤の過酸化水素と反応して変色してしまうからなのです。

それに、パーマをかけると、変色するだけでなく、
パーマ液に含まれるアンモニアと反応して
髪や頭皮を傷めてしまうこともありますので注意が必要です。

また、サンカラーマックスと同じく
成分に銀塩を含んでいる白髪染め「ムース銀塩カラー豊染花」の使用説明書などには、
「汗や海水の影響で緑がかった色に染まる可能性があります」と記載されていますので、
念のために汗などにも注意した方が良いかもしれませんね。


「緑色に変色する」と聞くと、ちょっと(かなり?)驚いてしまいますが、
よく考えてみれば自分で防げることなので、
気を付けて使用すれば問題はないと思われます。

例えば、
●サンカラーマックス使用後に他の白髪染めを使用する場合は、
 酸化染毛剤が入った白髪染めを使用しない。
 (ヘアマニキュアタイプの白髪染めは使用可能のようです。)
●サンカラーマックス使用後はすぐにパーマをかけない。
といったことですよね。

究極は、
●サンカラーマックスのみを使用し続け、他の白髪染めは使わず、パーマをかけないこと。
が一番の予防ですが、そんなこともできないでしょうから、
白髪染めの成分に酸化染毛剤が入っていないかどうか気を付けたりすれば良いのです。


それでも万が一、髪が緑色に変色してしまった場合は、
「ヘアローションS」という製品を使用すると黒茶色になるそうです。
「ヘアローションS」は無償で送ってもらえるので、
もしも髪が変色してしまった場合は、速やかに発売元へ連絡してくださいね。
【発売元】 株式会社ケンコー
       03-3366-7101(電話) 03-3227-3810(FAX)

========================================

髪が変色するというトラブルは皆さんが気になるところだと思いますので、
サンカラーマックスの箱や使用説明書に記載されている注意事項を
抜粋して紹介しておきますね。

●変色する可能性について

【箱に記載】
本品(サンカラーマックス)を使用して染まっている髪に
酸化染毛剤(通常2剤タイプ)や酸化染料配合ヘナ等を直接使うと、
その種類によって、希望する色と異なる色(やや緑がかったブラウン等)に
染色する場合があります。
その場合の対処方法は同封の「使用説明書」に記載がございますのでご覧ください。

【使用説明書に記載】
変色する例
・サンカラーマックスで染毛した髪に、
 さらに美容院やご家庭で酸化染毛剤(通常2剤タイプ)で染毛した場合。
・白髪以外の黒髪に、毎日連続して長期間塗りすぎた場合。
・本品使用後すぐにパーマを使用した場合。
 (数週間空けていれば、パーマによる変色はしません。)
・ヘアマニキュアは変色することなく着色いたします。

●改善方法について

【使用説明書に記載】
・変色された場合は「ヘアローションS」をご使用いただくと変色部分が黒茶系の色になります。
・「ヘアローションS」のご使用方法
 洗髪時にシャンプー液を適量手にとり、「ヘアローションS」をその中に入れます。
 軽く混ぜ合わせ洗髪しよくすすぎます。
・「ヘアローションS」を必要とされる際は、
 早めに(電話・ハガキまたはFAXで)発売元へお申しつけください。
 無償で送付いたします。
・ご注意
 髪が緑がかった色等に変色した場合、
 美容院等でさらにブリーチ及び染毛しても改善されませんのでご注意ください。