白髪染めを買う前に読むサイト! > 白髪染めが合わなかった、、、 > 髪がバサバサになった、、、

髪がバサバサになった、、、

ヘアカラータイプの白髪染めではありませんか?

ヘアカラータイプの染毛メカニズムについては
「白髪染めの仕組みについて」でも説明しましたが、
簡単に言うと、1剤に含まれるアルカリ剤が髪のキューティクルを無理やりこじ開け、
刺激の強い酸化染料が髪の内部に浸透していきます。
その後キューティクルは閉じられるのですが、
一度開いてしまったキューティクルが完全に元通りに閉じられることは困難なため、
キューティクルは毛羽だった状態になり、髪がバサバサになるのです。

髪がバサバサになるのを防ぐためにも、
白髪染めはヘアマニキュアタイプのもの、
特に、トリートメント効果や補修効果があるものを選びましょう。


刺激の強い成分や自分に合わない成分が入っていませんか?

化学染料は刺激が強く、髪がダメージを受けやすいので、
化学染料が含まれる白髪染めの使用は出来るだけ避けた方が良いでしょう。

しかし、化学染料を含んでいない白髪染めを選んで使用したのに、
髪がバサバサになってしまった、という方・・・
実は管理人も経験があるのですが、
そんな場合は、自分に合わない成分が含まれているのかもしれません。

でも、自分に合わない成分って、実際に使ってみないと分からないですし、
白髪染めには沢山の成分が含まれていますので、
一体どの成分が合わないのかも分からないですよね。
自分に合わない成分を判別するのは困難です。

ですので、一般的に髪への悪影響が少ないとされているもの、
例えば、天然成分のみが配合されているものなど、
成分にこだわった白髪染めなら比較的トラブルは起こりにくいと考えられますので、
そういった白髪染めを使用するのがベターだと思います。

また、「素手で使用できる」という白髪染めは刺激が少ないということなので、
そういったことも刺激の強弱の目安にできるかもしれませんね。

あと、同じ成分が使用されているものでも、
メーカーが違えば使用感も異なることが多いですので、
メーカーを変えてみるのも一つの手かもしれませんよ。

当サイトで紹介している白髪染めは化学染料を使用していないものばかりで、
成分にこだわった白髪染めが多いので、是非試してください♪


バサバサになった髪はしっかりケアしましょう。

バサバサになってしまった髪には、水分・油分を補うことが大事です。
普段のトリートメントをしっかりマメにして、傷んでしまった髪をケアしましょう。

また、髪を乾かす際の乾かし方にも注意してください。
ドライヤーの熱を同じ場所に長時間当てないようにしたり、
トリートメント剤を塗ってからドライヤーをするなど、
ちょっとしたことに気を付けるだけで、髪へのダメージが変わってきますよ。