白髪染めを買う前に読むサイト! > 妊娠中や授乳中でも使えるの? > 妊娠中や授乳中は、使用しない方が無難です

妊娠中や授乳中は、使用しない方が無難です

母体への影響

妊娠中はホルモン状態などが不安定で、肌も敏感になっています。

妊娠前に使用していた白髪染めでも、
妊娠中に使用すると、肌がかぶれたり炎症を起こしたりすることもありますので、
もし使用する場合でも、必ずパッチテストを行うことが必要です。

また、妊娠中は臭いにも敏感になりますので、
臭いのある白髪染めを使用すると、気分が悪くなったりする可能性もあります。


胎児への影響

一般的には、白髪染めやカラーは胎児への影響がない、と言われていますが、
科学的根拠はなく、そう言い切れないのが現状です。

もしも白髪染めやカラーの染料が頭皮についてしまった場合、
染料の成分が毛穴から体内に入って血液に混じってしまう可能性があります。
そうなると、へその緒を通じてお母さんの血液から栄養をもらっている赤ちゃんにも
影響が出ないとは言い切れず、リスクがゼロだとも言えません。


授乳中の場合

頭皮についた染料の成分が、毛穴から体内に入ってしまった場合、
その成分が母乳に混じってしまう事も考えられます。


こういったことから、妊娠中や授乳中の白髪染めはあまりお勧めできませんが、
だからと言って白髪で悩むのもストレスになりますよね。

特に妊娠中の体にはストレスはよくありませんので、
どうしても白髪が気になる方は、医師に相談の上、
以上の点に注意して使用してください。

なお、妊娠中の場合は、
できれば安定期に入ってから使用する方が良いでしょう。