白髪染めを買う前に読むサイト! > カラーと白髪染めの違い > 染料の配合濃度が違います

染料の配合濃度が違います

まず、カラーでは黒髪のみ染まり、白髪は染まりません
但し、暗めの色の染料を使用すれば、白髪も少しは染まる場合があります。

一方、白髪染めは、白髪はもちろん染まりますが、
白髪ではない髪(黒髪)まで染まってしまいます

その違いの要因は、染料の濃度の高低にあります。


カラーは、白髪染めに比べて染料の配合濃度が低い

カラーは、黒髪をブリーチ(脱色)して明度を調整してから染毛するので、
染料の配合濃度が比較的低くても染まります。

染料の配合濃度が低いということは、染毛する力も弱いということなので、
カラーでは白髪は染まらないというわけです。


白髪染めは、染料の配合濃度が高い

白髪染めも、カラーと同様に、
基本的には髪をブリーチ(脱色)してから染毛します。

しかし、白髪染めは、
染まりやすい白髪と染まりにくい黒髪の両方が
均一できれいに染まるように作られているため、
染料の配合濃度が高く、染毛する力が強いのです。