白髪染めを買う前に読むサイト! > 白髪染めの仕組みについて > 1剤の成分・働き

1剤の成分・働き

市販されている白髪染めのほとんどはヘアカラータイプの白髪染めで、
1剤と2剤の2つの薬剤に分かれています。

まずは、1剤から説明します。

1剤とは?
「酸化染料」と「アルカリ剤」の2種類が配合されている薬剤です。

酸化染料とは?
白髪染めの色元になる成分の事です。
主に、パラフェニレンジアミン、トルエンと言った、
ジアミン系の成分が使われています。

※ジアミン系の成分は非常に刺激が強いため、
 炎症やかぶれの原因になりますので、注意が必要です。

アルカリ剤とは?
髪の表面にあるキューティクルを開き、
染料剤を髪の内部に浸透させます

主に、アンモニアやモノエタノールアミンが
代表的な成分になります。