白髪染めを買う前に読むサイト! > 白髪染めの基礎知識♪ >  美容院の白髪染めと比較

美容院の白髪染めと比較

美容院で白髪染めするか、自宅で白髪染めするか・・・
と、悩んだ方は多いはず!
悩んだことのない方はいらっしゃらないのでは?
と思うぐらいの定番の悩みだと思います(笑)

そこで、それぞれのメリットやデメリットを比較し、
美容院向きなのか自宅向きなのか、TPOに合わせて変えれば良いのか、
管理人なりにまとめてみましたので、参考になさってください。

それぞれのメリットとデメリット

メリット デメリット
美容院 ・仕上がりが綺麗
・ダメージを極力抑える施術が可能
・色落ちしにくく色持ちが良い
・準備や後片付けの必要無し
・衣服などが汚れる心配無し
・費用が高め(6千円~1万円が相場)
・時間がかかる(大体2~3時間位)
・予約が必要なので、すぐにできない
自宅 ・手軽な費用でできる
・短時間でできる
・好きな時にできる
・染め残しや染めムラの可能性有り
・髪がダメージを受けやすい
・色落ちしやすい
・準備や後片付けが必要
・床や衣服などが汚れる可能性有り

美容院のデメリットを緩和するには

ティッシュ 美容院のデメリットは、何と言っても
費用が高めで時間もかかるということでしょう。

このデメリットを少しでも緩和させるには、
「リタッチ」をうまく利用するのが良いと思います。

リタッチというのは、髪が伸びてきたところだけを染めるいわゆる部分染めで、
全体を染めるものではないのですが、
費用も所要時間も抑えられますので、
うまく利用すればデメリットの緩和になるのではないでしょうか。


自宅のデメリットを緩和するには

ティッシュ 自宅の場合は、費用も所要時間も抑えることができますが、
髪がダメージを受けやすく、色落ちしやすい、
といったデメリットがあります。

しかし、染毛剤をうまく選ぶことによって
これらのデメリットは緩和できます。

例えば、
化学染料を使用していないものやヘアマニキュアタイプのものを選ぶことで
髪へのダメージを抑えることができますし、
トリートメント効果のあるものなどで毎日使用できる白髪染めを使えば、
使用頻度を上げることによって色落ちを防ぐこともできます

また、自宅で白髪染めをする場合は準備が必要ですし、
衣服などが汚れる可能性もありますが、
白髪染めに必要なものは普段自宅にあるものがほとんどですし、
ケープやタオルなどでしっかりガードすれば、衣服も汚れずに済みますよ。

美容院向き?自宅向き?

こんな場合は美容院向きかも

自宅での白髪染めは、
染め残しや染めムラが出る場合があるというのがデメリットの一つです。

逆に言うと、白髪が多い方髪の長い方などは、
染めること自体が難しく、染め残しや染めムラが出やすいということですので、
美容院向きなのでは、ということになります。

髪の長い方は仕上がりの良し悪しが特に目立ちやすいので、
仕上がりが綺麗だという点でも美容院の方が良いのかもしれませんね。

また、パーマをあてている方などは、
パーマでダメージを受けている髪に更なるダメージを与えないためにも、
美容院でカウンセリングしてもらって染める方が良いかもしれません。


こんな場合は自宅向きかも

自宅で染めるのは簡単なように思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、
案外、染め残しや染めムラが出てしまったりするものです。

従って、白髪が少ない方髪の短い方、伸びてきた生え際だけ染めたい方など、
染めることが比較的簡単な場合などは自宅でも良いと思います。

また、髪がダメージを受けやすいというのも自宅のデメリットですが、
ドラッグストアなどで売られている安価な白髪染めを使用するのではなく、
値段が少し高めの(※)、
トリートメント効果のあるものやヘアマニキュアタイプのものなどの、
ダメージを抑えられる白髪染めを使用する場合は自宅でも◎だと思います。

※値段が少し高め、とはいっても美容院よりは断然安価ですし、
1回あたりのコストで考えても、
コストパフォーマンスはドラックストアのものよりも断然高いと思います。
(コストに関してはこちらを参考になさってください。→「コストで比較」

結局、皆はどうしてるの?

色々調べたり、知人などに聞きまわったところ、
「美容院での白髪染めは数か月に一度で、その間は自宅で染めている。」
という方が多いようですね。

その理由はやはり、
「毎回美容院で染めると費用がかかるから。
でも毎回自宅で染めるとダメージが気になる。」
ということのようです。

確かに、髪は1ヶ月に1cm伸びると言われていて
すぐに生え際が白くなってしまいますので、
その度に美容院で・・・というのは費用のことを考えるとやはり難しいですよね。
でも、市販の白髪染めで何度も染毛していると、
だんだんとダメージが大きくなっていくような、、、

ちなみに、管理人は白髪が少ないので美容院へ行くほどでもないかと思い、
今のところは自宅派です。
白髪染めをする頻度も低いのでダメージなどは気になりません。
ただし、市販の白髪染めと言っても、
ドラックストアなどで売られている安価なものではなく、
少し高めだけど化学成分などが含まれていないものを使用していますよ。
(当サイトで紹介している商品がそれです。)

管理人個人的には、
成分や染毛方法など、髪へのダメージを考えた染毛剤をきちんと選びさえすれば、
自宅での白髪染めで十分だと思いますし、おすすめします

美容院の白髪染めと自宅の白髪染めは、
それぞれメリットもデメリットもあって一長一短ですから、
うまく組み合わせて綺麗な髪でいましょうね♪

このページのトップへ↑