白髪染めを買う前に読むサイト! > 白髪染めの基礎知識♪ >  染め方の手順

染め方の手順

ここでは、一般的な染め方の手順をご紹介します。

「自分で染めるのは難しいんじゃない?」
「自宅で白髪染めするのは大変なんじゃない?」
と思っておられる方もいらっしゃるでしょうが、
案ずるより産むが易し!(笑)

染料を素手でさわっても大丈夫なものも増えてきていますし、
意外に煩わしくなく、簡単で手軽にできるんですよ♪

白髪の多い部分は念入りに塗布しましょう

シャンプー前(乾いた髪)に使用する場合

染料を髪全体、若しくは白髪の気になる部分に塗布

塗布した状態で10~15分放置

シャワーなどで染料をしっかり洗い流す

シャンプーをする(染料をしっかり落とすために、できれば2度洗いする方が良い)

コンディショナーやトリートメントをして、洗い流す

ドライヤー等でしっかり髪を乾かす


シャンプー後(濡れた髪)に使用する場合

シャンプーで髪・頭皮を綺麗に洗う

髪の水気を取り、染料を髪全体、若しくは白髪の気になる部分に塗布

塗布した状態で10~15分放置

シャワーなどで染料をしっかり洗い流す

シャンプーをする(染料をしっかり落とすために、できれば2度洗いする方が良い)

コンディショナーやトリートメントをして、洗い流す

ドライヤー等でしっかり髪を乾かす


ここに挙げたのは、一般的な染め方の手順です。

白髪染めの種類によっては、
シャンプー後(濡れた髪)には使用できないものもありますし、
トリートメント効果のある白髪染めなどの場合は、
白髪染め後のシャンプーなどが必要ない場合もありますので、
実際に白髪染めをされる際は、使用説明書に従ってくださいね。

また、染料塗布後の放置時間は
髪質や白髪の量によって異なってきます
ので、
そのあたりもご注意ください。

大事なのは、染料をしっかり洗い流すこと

実は、白髪染めをするにあたって大事なのは、
白髪染め後のシャンプーやコンディショナー、トリートメントなんです。

染料をしっかり洗い落とすことによって色持ちが良くなりますし、
髪のダメージなども抑える事が出来ます

また、コンディショナーやトリートメントで
髪のキューティクルを保護することによって、
更に色持ちを良くしたり、髪のダメージを抑える効果があります。

シャンプーやコンディショナー、トリートメントは、
ヘアカラー用や白髪染め用のものを使用すると、なお良いですよ♪

塗布しやすい方法

まず、手で直接塗布していくか、コームを使って塗布していくか・・・ですが、
管理人はコームを使う方が塗布しやすいですね。
手では塗りきれない細かい部分も、コームを使えば大丈夫です。

手で塗布してももちろんOKですが、
最後にコームを使って髪全体に染料をなじませると、
ムラなく染められると思います。


あと、ヘアゴムやヘアピンなどを使って、
髪をブロック分けしてから塗布していくとやりやすいです。

特に、髪の多い方や長い方、全体染めをされる方は、
いきなり髪全体に塗ろうとせず、
髪をブロック分けして下の方(中の方)の髪から
少しずつ塗布していくと良いですよ。

美容院でカラーやパーマをする時、
美容師さんは髪をブロック分けして薬剤を塗っていきますよね?
そんな感じです。

このページのトップへ↑