白髪染めを買う前に読むサイト! > 白髪の豆知識♪ >  抜くと増えるってホント?

抜くと増えるってホント?

白髪のウワサで
「抜くと増える、、、」ってよく聞きますよね。

ホントによく聞きますが、
「俗説」だという話も管理人は聞いたことがあるんです。

果たしてどうなんでしょうか?
真相が知りたいので、調べてみました!

抜くと増える!説には根拠がありません。

そもそも、「白髪は何故できるのか?」ということを思い出してください。
(こちら参照→「白髪の原因について」

「メラノサイトという細胞が、メラニン色素をうまく作り出せなくなることによって
髪が白くなってしまう、、、」
ということでしたよね。

ですから、白髪を抜く、抜かないは、
白髪の増減には関係ないんです。
医学的にも、「抜くと増える」説は何の根拠もない話なんですよ。


しかし、それでも「白髪を抜くと増える!」と言われていたのには、
理由がありました。

白髪を抜くと、一時的に白髪のない黒髪になります。
しかし、しばらくするとまた白髪は生えてきますよね。
しかも白髪は日に日に増えてくるわけですから、
この時に一気に白髪が増えたような感覚に陥ってしまうのです。

また、白髪を抜くという行為は、
白髪ができ始めたばかりの人がする場合が多く、
白髪を気にしていることも多いですよね。

しかし、白髪ができ始めた時期というのは
髪全体の毛根の元気がなくなっている時期、
すなわち白髪が増えていく時期でもありますので、
白髪を気にしている場合は特に白髪が増えてしまったと感じるのでしょう。

これらのことから、「白髪は抜くと増える!」と言われるようになったんですね。

白髪が増えたように見えるかもしれませんが、
実は「錯覚」だということです。

抜くと、薄毛や炎症の原因になります!

鏡を見ると気になって、
白髪をついつい抜きたくなりますよね。

先程の話で「白髪は抜いても増えない」ということが分かったので、
尚更抜いてしまいたい気持ち・・・分かります(笑)

ですが、白髪と言えど、
無理に抜いてしまうことによって頭皮にリスクが生じてしまうんですよ。

髪の毛を抜くと、毛根を痛めてしまうんです。

毛根を痛めてしまうと、
髪の毛が生えてこなくなったり
頭皮に炎症を引き起こしてしまったり、、、

今度は薄毛の原因にもなりかねません。

どうしても気になる場合は、
白髪を根元の方からハサミでカットしても良いですが、
そうなると今度は、
その白髪が伸びてきた時に短い白髪がピンピン立って気になる場合も、、、
(これは管理人の体験です、、、)

白髪は、「抜く」より「染める」方が、
断然「賢い選択」と言えます!!!

このページのトップへ↑