白髪染めを買う前に読むサイト! > 白髪染めの基礎知識♪ >  パーマや縮毛矯正もしたい!

パーマや縮毛矯正もしたい!

パーマや縮毛矯正と白髪染めのどちらもしたいけど、
髪がダメージを受けそう、、
染めた髪の色合いが変わってしまいそう、、、
と心配になることもありますよね。

パーマや縮毛矯正と白髪染めのどちらを先にするかで、
仕上がりなどが変わってきますので注意してくださいね。

順番によって「持ち」が変わってきます

パーマや縮毛矯正と白髪染めのどちらを先にするか・・・
その順番によって、
パーマや縮毛矯正の持ちや白髪染めの色持ちが変わってくるんです。

どちらを優先させたいか、によって順番を変えましょう。


パーマや縮毛矯正の持ちを良くしたい場合

白髪染め ⇒ パーマ・縮毛矯正 の順が○です。

パーマや縮毛矯正の持ちを良くしたい場合は、
白髪染めをした後、2週間ほど期間を空けた後にパーマ等をして下さい。

白髪染めのカラーは多少色落ちしてしまいますが、
先にパーマ等をする場合に比べて、パーマや縮毛矯正の持ちは良くなります。


白髪染めの色持ちを良くしたい場合

パーマ・縮毛矯正 ⇒ 白髪染め の順が○です。

白髪染めの色持ちを良くしたい場合は、
パーマや縮毛矯正を先にしてから、その後に白髪染めをして下さい。

パーマや縮毛矯正の持ちは多少悪くなってしまいますが、
先に白髪染めをすると、パーマや縮毛矯正の薬液で白髪染めの染料が落ちてしまい、
カラーの色合いが変わってしまうのです。

また、パーマ等をした直後は、パーマ液などの薬剤が髪に残っている可能性があり、
その影響で染まりにくかったり、思っていた色に仕上がらない場合があります。
髪へのダメージを少しでも減らすためにも、
パーマ等をした後、2週間ほど期間を空けた後に白髪染めをするようにして下さい。

同時にするのは止めましょう

パーマや縮毛矯正と白髪染めを並行してすると、
どうしても髪に負担がかかってしまいます。

ましてや同時にするとなると、
髪が大きなダメージを受けることは容易に想像がつくでしょう。

そればかりか、パーマや縮毛矯正の持ちが悪くなったり、
白髪染めの色持ちが悪くなったりします。

パーマや縮毛矯正と白髪染めは決して同時にはせず、
期間を空けて髪を休めてあげるのが大事です

このページのトップへ↑