白髪染めを買う前に読むサイト! > 白髪染めの基礎知識♪ >  こんな時どうしたらいいの?

こんな時どうしたらいいの?

白髪染めをしたのはいいけれど・・・

「えっ?」ということが起きてしまったり、
うっかりやってしまった、、、など、
苦い経験や失敗もあるかもしれません。

そんな時の参考になさってください♪

仕上がりの色合いが気に入らない!

色合いが暗くなり過ぎたので、明るくしたい

白髪染めで暗くなり過ぎた髪を明るくしたい場合に思いつくのは、
明るめの色のオシャレ染めや白髪染めを
更に上から使うことだと思います。

しかし、「カラーと白髪染めの違い」のところでも少しお話ししたとおり、
白髪染めの方がオシャレ染めよりも染料の濃度が高いため、
白髪染め後に明るめのオシャレ染めをしても、明るく染まりにくいです。

また、一度暗く染まってしまった白髪に
明るめの白髪染めを上塗りして明るくすることも困難です。

従って、白髪染めで暗くなりすぎてしまった髪を明るくしたい場合は、
白髪染め後1週間以内であれば、
パーマ液(コールドパーマ用)で拭いて白髪染めの染料を落とすか、
白髪染め後1週間以上経過している場合はブリーチ(脱色)するか、
しかありません。

ただ、髪のダメージは否めないので、この方法はあまりオススメできません。
ご自身でされるよりも、美容院でご相談された方が良いでしょう。

あとは、気長に色落ちするのを待つか、、、ですね。


色合いが明るくなり過ぎたので、暗くしたい

明るくなってしまった髪を暗くするのは簡単です。

暗めの色の白髪染めを使用するか、
同じ色の白髪染めでも染料塗布後の放置時間を長くする
仕上がりが暗くなります。

ただし、再度白髪染めをする場合は、
髪のダメージを抑えるためにも、2週間は期間を空けた方が良いですよ。


緑色(緑がかった茶色)になってしまった、、、

まず、髪が緑色、若しくは緑がかった茶色になってしまった経緯ですが、
銀塩(硫酸銀)が成分に含まれる白髪染め、
いわゆる「光で染毛する白髪染め」の使用後に、
酸化染毛剤と言われる白髪染めを使用したりパーマをかけたりしたのではないでしょうか?

銀塩(硫酸銀)は、酸化染毛剤に含まれる過酸化水素などに反応して
髪が変色してしまう可能性があるのです。

当サイトで紹介している商品で銀塩(硫酸銀)を含む商品は、
「サンカラーマックス」と「ムース銀塩カラー豊染花」の2つですが、
それぞれのページで髪が変色してしまった場合の問い合わせ先などを紹介していますので、
そちらを参考になさってください。

「サンカラーマックス」の場合はこちら↓
「他の白髪染めを使用したり、パーマをかける場合は注意!!」

「ムース銀塩カラー豊染花」の場合はこちら↓
「酸化染毛剤を使用する場合や、汗・海水には注意!!」

慌てて美容院や自宅で更にブリーチや染毛をしても、
変色してしまった髪は改善されませんので、くれぐれもご注意くださいね。

染料が付いてしまって落ちない、、、

洗面台に付いてしまった場合

塩素系漂白剤を使用すると染料がきれいに落ちます。

研磨性のあるスポンジなどでこすっても染料は落ちると思いますが、
洗面台が傷ついてしまう可能性があるのでオススメはできません。

表面がつるつるした硬い素材(ホーロー、プラスチック、ガラスなど)のところは、
塩素系漂白剤を使用すれば染料は落ちますよ。


フローリングに付いてしまった場合

フローリングにワックスが塗ってある場合、
そのワックスごと剥がしてしまえば染料は落ちますので
ワックスを剥がすクリーナーを使用してください。

ワックスが塗っていないフローリングの場合は、
染料を落とすのが難しいかもしれません。
白髪染めの製造元や販売会社に問い合わせてみて下さい。


壁紙やカーペット、畳などに付いてしまった場合

壁紙やカーペット、畳、ワックスを塗っていないフローリングなど、
吸水性のある素材に付いてしまった染料は落とすことが困難です、、、

洗剤や塩素系の漂白剤などで落ちるかも・・・しれませんが、
変色したり変質したりする可能性があるので、
必ず目立たない所で試してみてから使用してくださいね。

このページのトップへ↑